ホームテイストCSR

社会貢献活動

ホームテイストだからできること

ホームテイストでは現在3つの事業を展開しており、その核となるのが家具の輸入と卸。
1997年の創業以来、当社は海外でシンプルかつスタイリッシュな家具の買い付け、国内大手のホームセンターやインテリアショップなどへ販売。

また私たちにはメーカーとしての機能もあり、住宅や家具に使われる建材、塗装などに含まれる有害物質を分解する独自の「エコファ加工」を施したオリジナル家具の開発にも注力。

さらに2010年に新たにスタートしたのが、ネットショップを対象とした卸サイト「商材王.com」。
ネットショップの運営に欠かせないページ作成全てを請け負うサービスは開始直後から業界の注目されております。

「ホームテイストだからできること」を模索し続け、社会貢献活動につなげていく所存でございます。

平和の架け橋

国境なき医師団への支援活動

環境と共に、社会を考える。

エコファスプレーの商品の売上の一部を

国境なき医師団に寄付を行っています。

国境なき医師団は、民間で非営利の医療・人道援助団体です。紛争地や自然災害の被災地、貧困地域などで危機に瀕した人びとに、独立・中立・公平な立場で緊急医療援助を届けています。

国境なき医師団(Médecins Sans Frontières=MSF)は、 中立・独立・公平な立場で医療・人道援助活動を行う民間・非営利の国際団体です。1971年に設立し、1992年には日本事務局が発足しました。

エコファスプレーについて

エコファは人と環境に優しい、光触媒のチタニア系化合物が主成分。細かいミストで効率的に散布し、有害物質の分解、抗菌、防臭、ウイルス・細菌の除菌効果があります。

エコロジー活動

昨今の地球温暖化問題や、海洋プラスチックゴミ問題、天然資源の枯渇問題と、我々の住む地球では様々な問題が起こっています。そしてその問題は、昭和の頃より今まで見て見ぬふりをし、問題を先送りしたツケが現在にまわってきたものでもあります。
これからは、かけがえのない地球を守るためため、そして未来を担う若者たちを守るために、『いま』我々にできることを1つずつ、確実に行動していくことが重要だと考えます。

海洋プラスチックゴミ問題は、既に海の生態系に大きな影響を与え、このままでは更に悪化する可能性がきわめて高いといわれております。

放置されたゴミによって身動きが取れなくなる動物や魚たち。我々人類が気にもとめていないことが、他の生物たちには生存の脅威となっていることも少なくありません。

ひとりひとりの小さな心がけが集まって大きな力となります。そして会社企業などの組織が率先してその環境を作っていくことで、それを達成するための期間を短縮したり、より大きな課題の解決につながると考えます。

地球に生きるすべてのものが、安心できる環境を整えていくこと。それらは、わたしたち人類がこの地球と共存するための最低限のルールであり、他の生物へのマナーであり、そして我々人類の幸ある未来を作ることにつながると信じて行動します。

設計製造から卸売まで

ホームテイストのエコな家具づくり

リデュース(Reduce)

開発段階で材料無駄を低減させる省資源化設計を提案
強度計算に基づいた家具設計をすることで、余計な材料を減らすことはもちろん、運搬にかかる燃料や梱包材の削減を目指します。

製造工程を最適化することで温室効果ガスの排出量を削減

複雑な家具設計は製造工場での作業効率も悪く商品の組み立ても難しくなり、よくありません。
ホームテイストの家具は、シンプルな家具設計で製造工場での作業効率を向上させ、温室効果ガス排出量の削減に努めています。

リユース(Reuse)

部品規格を共通化することで破損があっても交換しやすくしている
商品配送中の破損や、お客様の組み立て中の破損に対しても部品規格を可能な限り共通化することで、不足材の対応も迅速に行えます。

リサイクル(Recycle)

製造過程でどうしても発生してしまう端材を再資源化し活用
製造工場で木材を加工する際、切りくずや、寸法足らずでどこにも使えない材料余りが必ず発生します。そんな端材を木材チップにし接着剤で板状に固めたMDF(中質繊維板)やインシュレーションボード(軟質繊維板)などに再資源化してリサイクルしています。

資源ごみの分別回収に積極的に協力する
身近なことからコツコツと。オフィスではペットボトルキャップや段ボール等を分別、神戸市のリサイクルルールに則り、環境保全に協力していきます。

地球と生きる

地球と生きるためにできること考える。

現在、地球では年々と平均気温が上昇し、本来の地球環境が壊れ、昔に比べると異常気象が頻発しています。これらの原因の一つとして、生産活動の際に産まれる温室効果ガスの急激な増加が考えられています。今後の社会は地球の未来のために、世界規模でカーボンニュートラルを実現していく必要があります。

我々家具メーカーとしてできることは、まず温室効果ガスの排出量の低減です。エコロジー活動の一環として、シンプルな設計に基づいた家具製造により、工場生産の現場において無駄を省き、電気や燃料の消費をおさえて、温室効果ガスの排出の削減努力をしております。加えて、組み立て部材の一部にはMDF等の再資源化したものに置き換えて、無理な森林伐採の抑制に協力しております。

卸商社としては、大型船舶等の輸入航路選別をし最短最速のルートでの物流を。店舗様への配送についても集配拠点をアクセスしやすい場所に設け無駄のない配送ルートを確立。
ホームテイストでは、これら設計・製造・輸入・物流の全てに関わり、総合的な温室効果ガスの排出量の削減に尽力しています。

温室効果ガス排出削減フロー

商品設計

家具設計の段階でシンプルに作り上げれるように入念に打ち合わせし、商品を試作。材質、安全性、耐久性、意匠性、組み立てやすさ、そして製造エネルギーコストにこだわり合格したものだけを生産します。製造ラインに入る前段階で無駄を省くことが最大のエコであると考えます。

製造工場

製造工場では、家具設計をシンプルにしているので作業ミスが減り、廃棄率を下げることに成功しました。また、どうしても発生する端材や木くずは、廃棄するのではなく再生材料(MDF)にして材料を無駄にしません。

輸入

商品輸入では、航路の選別やコンテナスペースを無駄なく有効活用する工夫をしています。そうすることで、輸入にかかる輸送回数を減らし、温室効果ガス排出の抑制につなげます。さらに物流センター到着時の仕分け作業を省力化できるように積み込み順にも配慮しています。

物流

物流では直接配送の商品以外に、必要数保管しておくための拠点倉庫を各地に設けています。(ドロップシッピング制)拠点を各地に設けることで店舗様への配送ルートを短縮し、トラックの排気ガスを削減できるようにしています。

HOME taste Activities